パン好き必見!浅草・築地のパン屋さん5選

東京には本格的なブーランジェリーから地域密着のパン屋まで、たくさんのパン屋があります。今回は人気の観光地浅草・築地でおすすめ!パン好き必見!浅草・築地のパン屋さん5選をご紹介します。

東京

グルメ

Klook.com

1. 浅草 東京浅草豊福

浅草駅から数分の伝法院通りにあるカレーパンのお店です。8時間以上煮込んで旨みを存分に引き出した黒毛和牛とオリジナルスパイスを使用した甘口カレーをパンで包み、からりと揚げた「黒毛和牛カレーパン(290円)」は、絶品。アツアツ揚げたてをほおばりながら浅草観光はいかが?1日の販売数は800個ほど。人気店のため3:00 pm までには訪れたほうがよいでしょう。









2. 築地 ORIMINE BAKERS築地七丁目店

濃い緑を基調とした店構えが目をひくおしゃれなパン屋です。乳化剤や改良剤を使わず、食の安心にこだわった、素材本来の味を生かしたパンが人気で、築地市場で仕入れた魚介系のおかずパンがおすすめ。塩焼きした鯖にレモンを利かせた「サバサンド(504円)」、しらすをたっぷりのせた「フォカッチャ しらす(298円)」、ワインにも合う「フォカッチャ いいだこ(298円)」ははずせませんよ!たくさんの種類のパンがならぶアットホームなお店です。









3. 築地 築地木村家ペストリーショップ 本店

あんパン発祥の店・銀座木村屋の暖簾(のれん)分け(同じ屋号で出店することを許可されて独立すること)で開業し、100年以上の歴史をもつ築地の人気店。銀座木村屋の高級感あるあんパンに比べ、庶民的で気取らず親しみやすいあんパンです。人気の「けしあんぱん」4種をはじめ定番は7種。その他に季節の限定品がならびます。あんパン以外のメニューも多く「牛すじ玉ねぎカレーパン」もおすすめ。買ったパンをイートインスペースで食べることもできますよ。11:00 am - 2:00 pmにはコーヒーのサービスも。場外市場にも店舗があります。









4. 浅草 あんですMATOBA

パン屋の娘とあんこ屋の息子が結婚して1980年に開店した、あんパンがメインのパン屋です。あんパンとは、和菓子に使うあんをパンに包んで焼いた、日本の菓子パンの一種。約20種ものあんパンがならび、一番人気は「こしあんぱん(160円)」。すべてのあんには、北海道産小豆を100%使用しており、甘さ控えめで小豆の風味が楽しめますよ。他にもかぼちゃ、黒ゴマ、ずんだ(枝豆)、焼きいもなどのあんパンもおすすめです。









5. 浅草 ペリカン

創業以来75年も愛され続ける人気のパン屋。さまざまな種類のパンが並ぶ一般的なパン屋と違い、販売するパンは「ロールパン(中5個入り・460円(税込)~)」と「食パン(380円(税込)~、山型・480円(税込)~)」がメインです。ぎゅっと詰まったもちもちの食パンはトーストするとさっくりもっちり、そのまま食べてもジャムやソーセージなどの具材と合わせてもよく、毎日食べたくなる飽きのこないパン。地元のみならず遠方からもファンが訪れ、連日行列ができています。









もともとは外国から伝来してきたパン食文化ですが、日本の食材と組み合わせ日本独自のレシピが生まれるなど、すっかり定着しています。観光がてら立ち寄りやすい浅草・築地のおいしいパン屋でぜひ日本のパンを食べてみてくださいね。



この記事に掲載されている情報は、公開時点のものです。


ライター紹介

W.JAPAN
W.JAPAN
Klook.com