【読者限定特典あり】コインロッカーはもう古い?大きい荷物でもカフェに預けて手ぶらで観光ができるサービスが登場!

旅行は楽しいものですが、たくさんの荷物を詰めたスーツケースやバッグの預け先に苦労することがしばしばありますよね?こんなお悩みを解決してくれる便利なサービス「ecbo cloak」が日本で始まりました。今回はこのサービスについて詳しくご紹介します。

全国

豆知識

※最後にtsungu Japan読者限定の割引情報がありますので、お見逃しなく!

 

旅行の時の手荷物や大きな荷物、みんなはどうしてる?

ecbo_001

 

旅行の時、必要なものが入っているとはいえ、大きな荷物は本当に邪魔ですよね?

そんな時は事前に荷物を預けてしまえば、気軽にいろいろな観光スポットに行くことができて便利です。

 

これまで日本では、荷物を預ける手段として

・空港や電車の駅のコインロッカー(300円~700円程度)
・大きい駅にある手荷物一時預かり所(東京駅の場合600円/1個程度)
・キャリーサービス(700円~1600円程度)
・宿泊先のホテルの部屋に荷物を置く、もしくはチェックイン前の場合はホテルにお願いして預かってもらう

などが一般的でした。

※2017年2月5日現在:1円=0.0088米ドル、1円=0.2732台湾ドル

 

手ぶらで観光したいけど、荷物の預け先が見つからない…。

 

たとえば従来のコインロッカーは、ロッカーの場所が分かりにくかったり、そもそも空いている場所がなかったり、空いていてもスーツケースなど大型の荷物が入らなかったりすることがあります。

ecbo_004

 

また、荷物一時預かり所やキャリーサービスはサービス提供場所が限定的なのが難点。

事前にホテルに預ける方法も、観光の目的地から離れた場所だとタイムロスになってしまう可能性があります。

 

そんな中、これらの問題を解決してくれる便利なサービスが登場しました。

 

気軽に手ぶら観光が楽しめる!便利なサービス「ecbo cloak」

ecbo_002

 

「ecbo cloak」とは、2017年1月18日より、渋谷を中心に都心の人気カフェやレンタサイクルなどの遊休スペースを活用した「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐ革新的なシェアリングサービス。

現時点では渋谷を中心とした都内100店舗ほどが登録しており、2017年度内に東京だけではなく、京都・大阪をはじめ全国10,000店舗まで拡大する予定です。

 

「ecbo cloak」は従来のサービスとは異なり、WEBでかんたんに預けられる場所を確認でき、空き状況も確認可能。店舗の空きスペースを使用するので大型の荷物の預け入れもOK。

 

ecbo_005

 

実際どうやって使うの?「ecbo cloak」の使い方

ecbo_006

 

ユーザー登録したら、後は旅行日程に合わせて、自分好みのお店を選ぶだけ!おしゃれなお店を選ぶのも、美味しそうなお店を選ぶのもあなたの自由です。

1.荷物を預けたい場所を検索する
 WEBで検索して預けたいスペースを選びます。地図からも選べます。

2.オンラインで預ける日時を予約する
 事前にWEB予約できるので、旅先でロッカーなどを探す手間がなくなります。

3.当日、荷物を預ける
 カフェやショップのスタッフが荷物を預かり、安全な場所に保管します。

4.手ぶらで観光が楽しめる
 荷物を受け取ってチェックアウトが完了したら、あらかじめ登録したクレジットカードで決済され完了です。

>>ユーザー登録はこちらから

 

ecbo_003

 

料金はいくら?知らない店に荷物を預けて大丈夫?

ecbo_007

 

便利なのはいいけれど、料金や預け方、補償などについて気になりますよね?

料金は荷物のサイズによって変わります。

 

・手荷物プラン(バック等)300円/日
 手荷物、ハンドバックなど最大辺45cm以内の大きさ

・スーツケースプラン(スーツケース等)600円/日
 スーツケース、バックパックなど最大辺が45cm以上の大きな荷物

 

荷物を預ける時は、対面式です。スタッフが預かる時に荷物の証明写真を撮り、そのメールがユーザに届きます。

荷物引き取りの際は、その証明メールをスタッフに見せて荷物の受け渡しをするので、間違えることがありません。また、このサービスには相互評価サービスも付いているので、店を選ぶ時の判断材料になります。万が一、荷物に何かあった場合には、20万円までの補償も出るので安心です。

 

「ecbo cloak」を上手に利用しよう

ecbo_008

 

「ecbo cloak」を利用するメリットはいろいろ。

・従来の荷物を預けるサービスよりもリーズナブル
・地図から好きな場所を選び、WEBで事前予約ができる
・お店に荷物を預けることで、そのエリアの情報入手や体験ができる
・決済が簡単
・コインロッカーには入らないサイズの荷物も預けられる
・サービスのシステムは多言語対応

ただし、2017年2月現在では、サービス実施エリアは東京都内に限られています。今後はさらにエリアと対応店舗が拡大され、アプリ版もリリースされる予定なので、今後に期待したいですね!

 

サービス運営者の「ecbo cloak」開発に込める想い

ecbo_009

 

ecbo cloakの運営者であるecbo代表取締役 工藤慎一氏は、サービス開発のきっかけや、サービスに込める想いについてこう語ります。

 

ある日渋谷で、訪日外国人に「スーツケースの入るコインロッカーを探している」と相談を受けて一緒に40分も探したが見つからない。このスマホの時代になんと非効率的なことが起きているんだというところに着目して、「ecbo cloak」が開発されました。荷物を簡単に預けてより長く観光を楽しめるよう、ぜひ皆さんに活用していただきたいですね!

 

スーツケースが入るコインロッカーを探しても見つからない…。訪日旅行者に思う存分、日本での観光を楽しんでもらいたい。そんな実体験や想いをもとに開発されたサービスなんですね!

 

動画もどうぞ!約1分でわかる「ecbo cloak」

こちらの動画ではサービスについて分かりやすくまとまっているので、是非見てみてくださいね!(1分24秒)。

 

 

tsunagu Japan読者限定特典!初回無料に!

 

最後に、tsunagu Japan読者限定で、特典があります!

登録時に、プロモーションコード「ecbo-tsunagujp 」と入れるだけで300円値引きになります。

 

これで、手荷物(バッグ)であれば初回無料に、スーツケースでも300円で1日預けることができます!

是非この機会に登録して、快適な日本旅行を楽しんでくださいね!

>>ユーザー登録はこちらから

この記事に掲載されている情報は、公開時点のものです。