島々が浮かぶ美しい海!四国の国立公園の見所と楽しみ方

本州と四国に挟まれた瀬戸内海には、大小数々の島が浮かんでいます。今回ご紹介する四国の2つの国立公園はどちらも、美しい海岸線や多くの生き物を観察できる海中風景が魅力。シュノーケリングやダイビングといったマリンスポーツをする人にはぜひ訪れてほしい国立公園です。それぞれの国立公園の見どころを事前に確認して、ぜひ四国旅行の参考にしてくださいね。

四国

観光

選ばれし自然景観!日本の国立公園とは

日本の国立公園は自然景観の美しさ・自然を楽しめる利便性などいくつかの厳しい基準をクリアして初めて認定されます。国が保護管理するエリアでありながら、土地所有権と関係なく区域を指定するため、公園内に居住する人口が多という特徴もあります。日本の国立公園は、自然の風景を楽しみつつ、温泉や登山、自然を堪能できるアクティビティ、そして現地の歴史文化などにも寄り添える、国イチオシの観光スポットです。
 
本記事では、四国にある2つの国立公園の見所と楽しみ方をご紹介!それぞれの地域の特色を知って、次回の四国旅行の参考にしてくださいね。

迫力の渦潮を間近で鑑賞!瀬戸内海国立公園

面積66,934ha(陸域のみ)/年間利用者数約4,292万人

瀬戸内海国立公園の特長は、広い海域とそこに点在する大小の島々、そしてそれを望む陸地の展望地が公園区域として指定されていること。大阪府、兵庫県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、大分県と、その範囲はなんと1府10県にもまたがっています。

また、瀬戸内海一帯は早くから文化が栄え、人と自然とが共存してきた地域。島々を巡れば、段々畑や潮待ちの港町など、自然と暮らしが一体となった親しみやすい景観が楽しめます。牛窓・下津井・鞆の浦・尾道・御手洗・室積などの歴史情緒ある町並みが観光客に人気です。

もう一つ、瀬戸内海で人気の観光スポットといえば徳島県の「鳴門の渦潮」。この渦潮は、深い海溝と浅瀬、播磨灘と紀伊水道から流れ込む速い潮流のぶつかりなど鳴門海峡特有の地形によって発生するもの。干潮と満潮時には大小多数の渦潮が見られ、大潮時には最大直径20mにもなります。

また、この瀬戸内海国立公園の広島県側には、世界遺産に登録されている厳島神社・弥山も含まれます。瀬戸内海の島を背後に、海の中に立つ朱色の大鳥居や木造建物が建ち並ぶ姿が美しく国内外から多くの人が訪れる人気の観光地です。古くから山岳信仰の対象だった弥山は原生林が残り、整備された登山道を歩いて初心者でも登山が楽しめます。
※大鳥居は現在修繕工事中。

黒潮の恩恵を受けた海中風景!足摺宇和海国立公園

面積11,345ha(陸域のみ)/年間利用者数約143.3万人

足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園は、豪壮な海岸線、豊かな黒潮の恩恵を受けた海中風景、そして内陸部には標高1,000m級の山々がそびえており、愛媛県、高知県の変化に富んだ景観が魅力の国立公園。シュノーケリングやダイビングを目的に訪れるのもおすすめです。

また、地域によって変化を見せる海岸の風景も魅力。足摺地域は豪壮な断崖が続き、黒潮の流れの恩恵を受けた亜熱帯性の海洋生物やサンゴの群集が見られます。特に高知県土佐清水市の見残し湾内にあるシロサンゴの大群集は見ごたえ十分。この近くの竜串海岸には、波や風によって削られた奇岩が並んでいます。

一方、宇和海地域はリアス式海岸の繊細な入江と島嶼景観が魅力。ソフトコーラルが多く、海のお花畑と呼ばれる美しい海中景観は必見です。海に潜らない場合は、グラスボートや海中展望塔から海中の様子を覗いてみましょう。また、内陸部の四万十川上流の滑床渓谷では、花崗岩の滑らかな河床や雪輪の滝に代表される連続する滝など、自然林が残る渓谷美を堪能できますよ。

サイクリングで島々を巡れる瀬戸内しまなみ海道や、アート鑑賞で有名な香川県直島など、瀬戸内海周辺には魅力的な観光スポットが多くあります。今回紹介した2つの国立公園では、寺社巡り、アート、サイクリング、登山、マリンスポーツといった様々なアクティビティが楽しめるので、観光プランも立てやすいでしょう。

この記事に掲載されている情報は、公開時点のものです。

ライター紹介

ikumiwatanabe
ikumiwatanabe