陸海空を遊びつくす!中国地方のアドベンチャーツーリズム

旅行先の豊かな自然資源や歴史文化を体感できる旅行スタイルが「アドベンチャーツーリズム (以下、AT)」。この記事では、中国地方のATをご紹介します。10万年の歳月が作り上げた広大な鳥取砂丘や、世界遺産の厳島神社など、中国地方の海沿いには絶景の観光スポットが盛りだくさん!そうしたスポットを眺めるだけでなく、陸から、海から、さらには空から体感できるアクティビティを集めました。

中国

観光

鳥取砂丘でファットバイク (鳥取県)

東西16km、南北2.4km、最大高低差約90mの雄大な景観をもつ国立公園・鳥取砂丘。10万年という長い時間をかけて作られた砂丘の、美しい風紋は自然の神秘を感じます。

鳥取砂丘を陸から体験するなら、おすすめはファットバイク!通常のマウンテンバイクの約2倍もの幅がある極太タイヤが付いた自転車で、砂地や波打ち際、砂山を駆け抜けます。時間帯や季節によって、コースから見える景色、雰囲気がガラリと変わるのも鳥取砂丘の魅力。パワフルな走行を楽しんでくださいね。

鳥取砂丘でパラグライダースクール (鳥取県)

鳥取砂丘の景観の魅力の1つは、海の青さと砂のコントラスト。パラグライダーで見下ろせば、まるで絵画のような景観を空の上から楽しめますよ。砂丘なので障害物がなく、柔らかい砂地へ着地するので、初めてパラグライダーに挑戦する方でも大丈夫。海からの向かい風を受けて、鳥のように舞い上がります。

鳥取砂丘でモビリティツアー (鳥取県)

モビリティツアーとは、乗り物を使って楽しむアクティビティのこと。鳥取砂丘では、オフロード用セグウェイに乗って砂を踏みしめながら進みます。心地よい速度で景色が流れるので、操作と景観の両方を楽しめますよ。全長約6.5kmのコースの中には、鳥取砂丘で1番標高が高い絶景ポイントでの撮影も含まれます。通常入ることができない海辺へ続くコースにも立ち入れるので、足跡がほとんどない砂丘を進むこともできますよ。

宮島でシーカヤック (広島県)

世界遺産・宮島といえば、厳島神社の赤い大鳥居!創建は約1400年前と言われ、社殿が現在の姿になったのは約870年前という歴史のある神社です。

干潮時には歩いて大鳥居に近づけますが、シーカヤックに乗れば海に浮かぶ姿を間近で眺められますよ!

海から眺めると、鳥居を中央にして赤い社殿が横に広がっていることがよく分かります。シーカヤックに乗った人だけの、絶好の撮影スポットです。原始宗教のなごりで、島全体が神域とされている宮島全体を一望してくださいね。

湯来温泉でシャワークライミング (広島県)

広島の市街地から車で約50分ほどの位置にあるのが、湯来温泉と湯の山温泉。開湯は湯来温泉が1500年前、湯の山温泉が1200年前と、揃って歴史ある温泉地です。それぞれは車で10分ほどの距離にあるので、湯めぐりも楽しめますよ。閑静な環境でゆったり湯治を楽しみたい方におすすめです。

この温泉地で体験したいのは、水しぶきを浴びながら渓谷を登るシャワークライミング。ちなみにシャワークライミングは、日本発祥のアウトドアスポーツです。湯来町の美しい清流・水内川の上流で、滝登りにチャレンジ!滝壺へのダイブや滝を使った天然スライダーといったスリル満点の体験もできますよ。グループで冒険すれば、さらに仲良くなれそうですね。

帰りに温泉で使えるチケット付きのプランもあります。

周防大島でSUP (山口県)

周防大島は、山口県南西部、瀬戸内海に浮かぶ島。本土とは大島大橋で結ばれています。沿岸には波の浸食による奇岩もあり、ドライブも楽しめますよ。島の名産のミカンもぜひ食べてみてくださいね!

大きなサーフボードのような板の上に立ち、パドルで漕ぐSUP(スタンドアップパドルボート)。波のある海の上でボードの上に立つのは最初は怖いものですが、波の穏やかな瀬戸内海なら小学生から1人で乗れます!SUP初心者にも優しいプランなので、まだ体験したことのない方こそぜひ周防大島でSUPデビューしてくださいね。海風を全身に感じる心地よい時間を過ごせますよ。

まとめ

絶景と体験が同時に楽しめる中国地方のアクティビティ!普段は行けない場所に行けたり、通常の観光では見られない景色を目の当たりにできたりと、思い出に残ること間違いなしです。家族連れや運動が苦手な方でも楽しめるプランもあるので、ぜひ挑戦してくださいね。

この記事に掲載されている情報は、公開時点のものです。

ライター紹介

ikumiwatanabe
ikumiwatanabe